「レボクイン」レビュー多数あり

 

クラビットジェネリック(レボクイン)250mg 10錠

レビュー多数あり

f:id:rate5608:20181210145512p:plain

 

☆おくすり概要

 クラビットジェネリックは、感染症の処方薬として広く使用されている、レボフロキサシンを含む合成抗菌剤です。非常に幅広い菌に対して殺菌効果を発揮するため、クラミジア性感染症などの様々な炎症に用いられるほか、風邪や手術後の感染症予防薬としても処方されるお薬です。即効性のある薬剤のため、服用後数日で、不快な症状が緩和・改善されます。

f:id:rate5608:20181210164349j:plain

 ☆おくすり詳細

 

レボクインは、インドのシプラ社が製造しているクラビットジェネリックです。

細菌をやっつけて効果を発揮するニューキノロン抗生物質レボフロキサシンです。

レボフロキサシンは日本で多く使用される抗生物質の1つであり、様々な菌を殺すため、知名度としても人気があります。

性感染症の淋病やクラミジアの菌に対しても効果があります。

これらの主な症状は、おしっこをするときに痛みを感じたり、のどの痛みを伴います。

性感染症は早めの対策が必要ですので、予備として持っておいても問題ないと思います。

また、公衆衛生のあまり良くない海外へ行かれる方は、汚染された川の水、食事などされた後にお腹を壊される方が大変おられます。予備としてお持ちください。

服用することで、DNA遺伝子の酵素に作用し、細菌のDNAが作られるのを抑えます。

細菌のDNAが作られなくなることで、細菌は死滅し増殖も抑える働きがあります。

人体のDNAには影響ないのかと心配される方もおられますが、細菌特有のDNA遺伝子のDNAジャイレース及びトポイソメラーゼⅣ型という酵素を阻害するため、現在の医学の知識では、ヒトに影響を及ぼすという問題はありません。

基本的に数日間服用することで殺菌効果を発揮し、細菌を死滅させます。使用方法欄に、適応の菌と適応症を記載しておりますのでご覧ください。

ジェネリックですのでお安くお買い求めいただけます。

☆おくすり副作用

 

  • 主な副作用は、下痢、発疹がでたりすることがあります。他に悪心、めまい、不眠、肝機能障害、白血球の減少がみられることがあります。
  • 軽い下痢に関しては、服用を数日中止することで症状が改善します。血便などの症状がある場合は、病院へ行くようにしてください。
  • 稀にですが、アナフィラキシーショック、中毒性表皮壊死融解症(TEN)・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス-ジョンソン症候群)、痙攣、不整脈、急性腎不全、劇症肝炎、間質性肺炎、大腸炎、横紋筋融解症、低血糖、腱障害、錯乱・せん妄・抑うつなどの精神症状、過敏性血管炎などがあります。

上記の症状が現れましたら、直ちに病院で医師の診察を受けてください。

      ご購入等は 

    ベストケンコーさんで

     商品画像クリック

f:id:rate5608:20181210145803p:plain

 

クラビットジェネリック(レボクイン)250mg 10錠