「レビトラジェネリック・サビトラ10mg」レビュー多数あり

 

レビュー多数あり

f:id:rate5608:20181210145512p:plain

 

レビトラジェネリック・サビトラ10mg

☆おくすり概要

 

サビトラ10mgは、有名な製薬メーカーであるバイエル社によって製造・販売されている最強のED(勃起不全)治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。他のED治療薬とは比較にならないほど強力に勃起を促し、陰茎を強く・固く・太くし、複数回の性行為を可能にします。

内容量 10錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠にバルデナフィル(Vardenafil)として10mg含有

f:id:rate5608:20181210164349j:plain

 ☆おくすり詳細

 

サビトラ10mgは、SAVA社によって製造・販売されている最強のED治療薬として大人気のレビトラ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分として、バルデナフィルを1錠に10mg含有しています。

個人輸入代行サイトで販売されているED治療薬は日本人には量が多く、錠剤を手間をかけて分割する必要があります。

しかし、サビトラ10mgは有効成分を日本人にとってもちょうどいい量を含有しているため、そのような手間をかける必要がありません。

日本人のED治療に推奨されているバルデナフィルの用法は、1日1回10mg~20mgなので、1~2錠を服用するだけで強力な勃起誘発効果を得ることができます。

有効成分のバルデナフィルは、一般的なED治療薬と同じホスホジエステラーゼ5阻害薬といわれるお薬です。

勃起を誘発するメカニズムも一般的なED治療薬とほとんど同じですが、他のED治療と比較して陰茎に対しての作用が強く、より強力に陰茎を固く・強く・太く勃起させることができるので、最強のED治療薬と呼ばれEDに悩む男性たちから人気を博しています。

人気の理由はそれだけでなく、バルデナフィルは食後に服用しても勃起誘発効果に影響を与えないというメリットがあります。

一般的なED治療薬の場合、食事と一緒に服用してしまうと効果が弱くなったり遅れたりしてしまいます。

しかし、バルデナフィルは通常の食事(脂肪の割合が約30%)であれば食後に服用しても勃起誘発効果に影響はなく、パートナーとのデートで食事やお酒を飲んだ後に性行為をすることになっても安心です。

☆おくすり副作用

 

サビトラ10mgの有効成分バルデナフィルは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、ほてり、頭痛、鼻閉、心悸亢進、消化不良、めまい等が起こることが報告されています。
  • 有効成分バルデナフィルとの因果関係は明らかではありませんが、外国においてバルデナフィルを投与中に、まれに、視力低下や視力喪失の原因となりうる非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現が確認されています。
  • これらの患者の多くは、NAIONの危険因子[年齢(50歳以上)、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙等]を有していました。
  • このような危険因子を有する方がジマトラを服用する際は、視力低下による思わぬ事故を防ぐため、自動車の運転等危険な機械の操作をするときは注意してください。

これら以外にも、バルデナフィル服用することで副作用を起こすおそれがあります。

サビトラ10mgを服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

      ご購入等は 

    ベストケンコーさんで

     商品画像クリック

f:id:rate5608:20181210145803p:plain

 

レビトラジェネリック・サビトラ10mg